わきが対策で周りの目を気にしない人生を!私がおすすめするわきが対策

わきが体質の人は常に周囲の人にどのように思われているのか、迷惑かけていないのかなど気にしてしまいます。

においのことはデリケートな部分であるからこそ指摘してくれる人は数少ない身近な人に限定されるため自分には分かりません。

さらに自分のにおいというのは自分にはわかりづらいものであるため、本当は気にする必要はないにもかかわらず「迷惑かけているのではないか」、「においがしていないだろうか」と常に周りにどのように思われているのか周りの目を気にし過ぎていませんか。

自分のわきがが気になるあまり自分に自信が持てない、人と接するのが苦手という人も多いと思いますが、今回はわきがが気にならずに済むように、においを抑える効果のあるわきが対策をいくつか紹介します。

これからはわきがのために周りを気にする必要はありません。

正しい知識でわきがへの対策をし、ありのままの自分に自信を持って過ごしましょう。

わきがの原因とは

わきが発生のメカニズム

はじめにわきがは病気と誤解されることが多いですが、わきがはその人の体質です。

わきがは汗を分泌するアポクリン腺という誰にでもある器官の働きが活発であることが原因で、アポクリン腺からは水分の他に脂質やたんぱく質などが多く含まれる汗が分泌されています。

本来、それらは無臭のはずですが、その成分を細菌が食べ分解することによってわきが特有のにおいが発生します。

また、わきが体質は親から遺伝されることが判明しており優性遺伝子として遺伝しやすい体質として知られており、日本などのアジアではわきが体質の人はごく少数派ですが、欧米の国々ではわきが体質の人は大多数であり、わきがは特別なものではなく身近なものとしてとらえられています。

わきがの見分け方

人間は常に嗅いでいる自分のにおいには慣れてしまい自覚できないことが多いです。

そうであるからと言って周りの人にはなかなか聞くことができませんし、周りの人にとってもにおっていてもそれをはっきりと伝えることは難しく、においを自覚していてもそれが確実にわきがであるとは限りません。

わきが対策の紹介の前に、におい以外の部分でわきがを見分けることのできる項目を紹介します。

耳垢の状態

耳の中にはアポクリン腺が存在します。

そのためアポクリン腺が活発に働いていると、耳の中で汗の分泌が多くなり耳垢が湿り気のあるものになり、耳の中のアポクリン腺が活発に働いているということは、脇のアポクリン腺も同様に活発な働きをしていると考えることができます。

衣服の脇の部分に黄ばみができていないか

衣服の脇の部分が黄ばんでいる人はわきが体質である可能性が高いです。

アポクリン腺から分泌される成分が衣服の黄ばみの原因となり、脇の部分に黄ばみができている場合はアポクリン腺が活発に働いていると考えることができます。

脇毛に白い粉が付着している

脇毛に白い粉が付着している人はわきが体質である可能性が高いです。

これはデオドラントなどに白い粉が含まれていることもありますが、何も使用していないのにも関わらず白い粉が付着している場合です。

この白い粉の正体はアポクリン腺から分泌された成分の結晶となり、アポクリン腺が活発に働いているとみなすことができます。

これらのポイントは判断材料のひとつとして覚えておいて損はないでしょう。

実際にわきがへの対策を紹介します。

日常生活でできるわきがへの対策

正しい入浴でわきが対策

日常生活でできるわきが対策のひとつに入浴があります。

「清潔にしましょう」と言われれば多くの人が入浴を思い浮かべると思いますが、正しい入浴方法を知らないとかえってわきがを助長してしまう恐れがあります。

わきがを抑えるために入浴で大切なことは「汚れをため込まない」「強くこすり過ぎない」です。

汚れをため込まない

特別なことではなく毎日一度洗い流い流すことが大切です。

細菌が分解する成分をため込まず、その日一日の皮脂や汚れを流すことがわきが対策になります。

強くこすり過ぎない

汚れを落とすには強くこすった方が良いと勘違いされがちですが、これは皮膚への刺激が強すぎます。
また、強くこすり過ぎると最低限に必要な良い働きをする細菌と油分がなくなってしまい、乾燥してしまうだけでなく悪い細菌が繁殖しやすい環境になります。

入浴の際には良く泡立てて優しく包み込むように洗い、確実にすすぐように気を使うことがわきが対策となります。

食事でにおいを減らす

食事は良くも悪くも影響が直接体に表れます。

わきがもその例外ではなく、食事の違いが欧米人にわきがが多く日本人にわきがが少ない一つの理由とも言われています。

動物性たんぱく質、糖分、脂肪分の多い食事を控える食事はわきが対策のひとつとして効果があり、これは原因の物質を取り過ぎないというとてもシンプルな対策です。

しかし、わきが発生のメカニズムで解説したようにわきがのにおいの原因はアポクリン腺から分泌される脂質やたんぱく質などの成分にあります。

脂質やたんぱく質を多く摂取するとそれに伴い、アポクリン腺からの分泌も増加します。

脂質やたんぱく質にはアポクリン腺をより活発にさせる働きがあるといわれており、試してみる価値の大きい対策です。

具体的に注意するべきものは油を多く使った料理、お菓子、肉類中心の食事です。

それぞれの対策を紹介します。

油を多く使った料理

使用する油を減らすには調理法を見直してみましょう。

炒める、揚げる調理を減らすこと、茹でる、蒸す調理を使うことで簡単に油の使用を抑えることができます。

例として野菜炒めを生野菜のサラダに変える、唐揚げを蒸し鶏に変えるなどがあります。

お菓子

市販のスナックお菓子や甘いお菓子は当分、脂質が非常に多く含まれています。

そのため、間食を減らすために生活のリズムを見直すこと、間食には果物やサツマイモなどの甘い野菜を代わり食べることで対策しましょう。

肉類中心の食事

野菜や魚介類、大豆製品を意識的に取り入れた食事をとりましょう。

正しい食事はわきが対策のみならず生活習慣病などの予防にもなります。

食事自体がわきがのすべての原因ではありませんが、食事によってわきがのにおいを抑えることができます。

においの出にくい脇にする

脇汗はこまめに処理する

わきが対策としてにおいの出にくい清潔な脇環境にする方法を紹介します。

わきがのにおいを抑える方法のひとつとして、脇汗をかいたら放置せず処理することがあります。

生活している中でこまめに拭くのは手間がかかり面倒ではありますが、汗に含まれる成分が原因でにおいが発生するため、汗を拭くのはにおいの発生を抑える効果が期待でき、さらににおいのみならず、ベタつきも抑えられるので衛生的に快適に過ごすことができます。

汗を拭くときには、タオルやハンカチでも良いですが、市販されている汗拭き用のウェットティッシュなども良く、ウェットティッシュは手軽に携帯できて殺菌効果も期待できますが、刺激の強いものは避け自分の肌に合うものを使用すると良いでしょう。

また、汗を拭きとる際の注意として、ごしごし拭くのではなく汗を優しく拭きとることがポイントです。

腋毛処理で細菌を減らす

脇毛が直接わきがの原因になるわけではありませんが、密集して多く生えている脇毛は風通しが悪くにおい、細菌の温床になりやすく、そのため脇毛の処理も必要なわきが対策です。

脇毛を切るとき、剃るときは肌へのダメージに注意し清潔な状態で行ってください。

除毛クリームなどは刺激や肌に合うのか確かめるために事前にパッチテストを行うのが必須となり、肌の弱い人、面倒な人は脇毛の処理としてサロンなどでの脱毛も有効なひとつの方法として覚えておきましょう。

商品を使用してわきが対策

わきが対策になる商品の紹介

わきが対策になる商品は主に「アルコールなどによる殺菌効果」「パウダーにより汗腺に蓋をして汗の出を減らす」働きをします。

商品によってはさらに「良いにおいを発する」「保湿できる」「さらさらにする」などの働きもあり、商品のタイプとして「ウェットティッシュ」「スプレー」「クリーム」があります。

ウェットティッシュタイプ…携帯しやすく使い勝手が良いところが利点ですが、効果の持続時間が短いです。

スプレータイプ

素早く手軽に塗布できることが利点ですが、公共の場などでは使用できないため使用場所が限られます。

クリームタイプ

効果が長続きすることが利点ですが、クリームが手にも付着するので使用する場面を選ぶ必要があります。

商品を選ぶ際の注意点

使用する商品を選ぶ際にはそれぞれの特徴を踏まえて自分にはどの形タイプ使いやすいのか、自分が求めている機能を選ぶことが大切となり、肌環境を悪化させてしまっては折角の対策も意味が無くなります。

アルコールなど殺菌効果のあるものには肌への刺激が強いものもあります。

汗を抑えるパウダーは黒ずみの原因になり得ます。

このような影響も理解して肌への刺激の少ないもの、自分の肌に合うものを使用することが重要です。

もちろん、夜は保湿もできるクリームタイプで昼間はこまめにウェットティッシュタイプを持ち歩き使用するといったように、併用して使い勝手の良い組み合わせで使用するのも良いでしょう。

良いにおいを発する商品がありますが、あまりににおいの強い商品の使用は周りの人に不快な思いをさせることがありますので注意が必要です。

そのほかの対策

服のにおいを減らす

わきがのにおいは服につきやすいです。

実はにおいが服についてるのではなくアポクリン腺から分泌される汗が服の繊維に染み込み、繊維の中でも細菌が繁殖しにおいが発生しています。

服に汗が染みないように脇汗パッドなどを活用すると、服に汗が染みるのを防ぐ働きをしてくれますが、どのようにしても汗は染みてしまいます。

汗が染みてにおいが出てきた場合、家庭の洗濯でもなかなか落ちず、ドライクリーニングに出してもにおいがそのままで返ってくる場合があります。

洗ってもにおいが落ちない原因は、家庭で使用している洗剤の力が弱いため、ドライクリーニングは油汚れは落ちますが水汚れには効果があまりないためです。

汗は水汚れのためドライクリーニングをしても汗は流せないのでにおいは落ちません。

においを落とすためには

家庭での洗濯の際には、酸素系漂白剤などの力の強いものを使用すると効果的です。

クリーニングに出す際には、ドライクリーニングではなく汗抜きをしてもらうと汗の汚れに効果があり、どうしてもにおいが落ちない場合は、早めに買い替えることもにおいを抑える対策です。

病院へ行く

わきが対策のひとつに病院へ行くことが挙げられます。

病院では治療薬、手術などの他にもいくつかの治療方法があります。

ここではそれぞれを紹介します。

治療薬…殺菌効果のある塗り薬や汗を抑える飲み薬を処方されますが、治療が長期にわたることや薬による副作用に注意が必要です。

手術…わきが治療の手術は持続力も含めて高い効果が期待できますが、術後の後遺症や副作用が出ることがあります。

レーザー治療…レーザーで汗腺を破壊する治療法です。保険が効かないため大きな費用が掛かります。

ボットクス注射…汗の分泌を抑える物質を注射することにより発汗を抑えますが、完全に防ぐわけではないためにおいへの効果は高くないとされています。

レーザー脱毛…前述に紹介したわき毛の処理を病院がしてくれますが、脱毛サロンより大きな費用が掛かります。

わきが対策で病院に行く場合はリスクも考慮して本当にその治療が自分に合っているかを判断しましょう。

まとめ

これまで、わきがの臭い対策を紹介しましたが、自力でできる対策、商品を用いる対策、服の洗い方や病院へ行くなどできる対策は多くあります。

食事や体の洗い方は決して難しいことではなく、脇のケアも習慣づけてしまえば気になることはないでしょう。

まずは、無理せず始められる簡単な範囲で対策をしていくことが大切です。

どの対策にも通ずるのは、正しい知識を持つことが重要であるということであり、第一に肌に気を使い、肌に合わないものは即座にやめるべきでしょう。

間違えた対策を一生懸命した結果、肌を乾燥させてしまう傷つけてしまうなどになれば余計に細菌にとって繁栄しやすい脇環境になってしまいます。

しっかり対策をすれば結果も出てきてなんだか自信が湧いてきます。
正しいわきが対策で周りの目を気にしない人生を送ってください!