今まで何ともなかったのに、急にわきから発するにおいが気になってきた。
そんな悩みを抱えている人も少なくないと思います。
日本よりも海外の方がわきがの人は多いと言われていますが、日本でもわきがの人は少なくありません。
今回は、わきがになる原因と、臭いが強くなる原因についてご紹介していきます。

わきがになる原因とは

わきがの臭いが発生してしまう原因は、私たちの脇の毛穴にあるアポクリン汗腺という器官から分泌される汗が皮脂や汚れなどと混ざり合い、それが皮膚上にいる常在菌によって分解されることで独特のわきがの臭いを作り出してしまうというものです。

このアポクリン腺は誰もが持っている器官のため、人間であれば誰もがわきがになる可能性があると言えます。

わきがになる人とそうでない人の違いは、このアポクリン腺の働きの強弱・数・その他の様々な要因に左右されています。

ちなみにこのアポクリン腺が何のために身体に備わっているのかという理由は、未だに詳しくはわかっていません。

一説によると、フェロモンを発する器官なのではないかと言われています。

わきがの臭いが強くなる原因

食生活

わきが体質の方の臭いが強くなってしまう原因の一つとして、第一に食生活が挙げられます。

私たちの体は、私たちが摂取した飲食物によって作られているのは言うまでもありません。

日本人は欧米人に比べると体臭があまり強くなく、わきが体質の人も極めて少ないと言われています。

つまり、近年の食の欧米化によって体臭に何かしらの影響が与えられていることがわかります。

昔ながらの日本食にはなかった、多量の肉類・チーズ・揚げ物といった食文化がその原因の1つです。

こうした動物性のタンパク質や、動物性脂質を多く摂取することによって、汗腺が刺激されてしまい臭いのもととなる物質を作り出していると言われています。

また、匂いが強すぎる香辛料を使用した料理も、直接汗の臭いに影響を与えてしまうことがわかっています。

今日では様々な国の料理が手軽にお店で食べられるようになりました。

タイやインドネシアといったスパイシーな料理は、臭いの気になる日にはなるべく摂取を控えたほうがいいと言えるでしょう。

さらに、辛味の強い料理も発汗作用を促してしまい、その汗によってわきがの臭いが強くなる可能性があると言えます。

ストレス

次に考えられるのは現代人のストレスの増加です。

わきがに限らず、ストレスを多く抱えた生活というのは心身ともに不健康へ繋がる問題です。

ストレスを強く感じると、アドレナリンや男性ホルモンが多く分泌されることがわかっています。

そして、これらによって発汗を引き起こしてしまうのです。

汗が増えるということは、わきがの原因要素が増加することになりますので、結果的にストレスによってわきがの臭いが悪化してしまうと言えるでしょう。

特に最近では女性の社会進出が増えたり、男性においても働きながら家事・育児に参加するようになったりと、現代人は毎日せわしなく日々の生活を送っていることで自然とストレスの増加に繋がっていると言えます。

腋毛

男性がよく見落としがちな問題に腋毛の処理があります。

男性が腋毛の処理をするのはあまり一般的ではないのかもしれませんが、わきが体質となるとまた別問題になってしまいます。

実は、適切な腋毛の処理をしていないと、わきがの臭いが強くなってしまう傾向にあります。

アポクリン汗腺から分泌された汗が脇毛に付着してしまい、本来であれば流れ落ちてしまうものが脇にとどまった状態を作り出してしまいます。

つまり臭いの原因となる物質が常に脇に残っていることになるのです。

また、多量の毛によって脇の下の通気性が悪くなり、蒸れた環境を作ってしまうと皮膚の常在菌が大幅に増加してしまうのです。

これによってわきがの臭いが増加する可能性があります。

遺伝

わきがの臭いの強弱には、遺伝が大きく影響しています。

わきが体質の方というのは、もともとアポクリン汗腺の働きがとても活発だと言われています。

また、汗腺の数がわきが体質でない人よりも多いことや、一つ一つの汗腺の大きさにも違いがあります。

こうしたわきが体質に関しては残念ながら生まれながらに持っているものなので、事前にわきがにならないようにという対策をとることができません。

本人は周りの人間が十分に理解した上で、わきがの臭いを軽減するよう対処法を考えていく必要があります。

清潔にしていない

わきがの原因となるのはアポクリン汗腺から分泌される汗や皮脂、一般的な皮膚の汚れ、そして常在菌の存在です。

何日もシャワーを浴びずにいると体臭が気になってくるのは当たり前のことですが、わきがも同様に、脇を清潔にしていなければだんだんと臭いが悪化してきてしまいます。

よくある汗臭さとわきがの臭いのメカニズムは違っても、常に清潔にしておくということはとても大切だと言えます。

ホルモンバランスの変化

実はわきがの原因となるアポクリン腺の働きは、ホルモンバランスとも大きく関わっていると言われています。

一番多いのは、成長期に成長ホルモンが多く分泌されることによって、同時にアポクリン腺の働きが活発になってしまい、今まで気にならなかったわきがの臭いが悪化してしまうというものです。

成長ホルモンの分泌は20歳頃をピークにあとは徐々に減少していきます。

ですので、特に20歳まではわきがが悪化する可能性が高いと言われています。

成長ホルモン以外にも、女性ホルモン・男性ホルモンの増減によってわきがの臭いに変化が出てくることがあります。

女性であれば、妊娠や出産を機にわきがになってしまうという方もいます。

ちなみにアポクリン腺の数は女性のほうが男性よりも多いという調査結果もあります。

わきがが強くなるのを防ぐには

わきがになってしまったら

わきが体質になってしまった以上、普段の生活の中で臭いに対してしっかり心がけることで少しでも軽減させていくことが大切となります。

様々な方法でわきがの臭いに気をつけていれば、ほとんど気にならなくなることや、また今以上に臭いを強くさせないようにストップをかけることも可能なのです。

着るものを変える

手軽に取り組める対策としては、着用する衣服や肌着をこまめに取り替えることです。

これは脇の清潔を保つという点でも有効だと言えます。

また、着ている衣服の素材によってもわきがの強弱に影響をもたらすものがあります。

化学繊維からできているポリエステル・ポリウレタン・ナイロン・アクリルといった素材の衣服は、わきが体質の人にはあまりおすすめできません。

理由としては、汗を吸収しにくく蒸れやすい素材のためです。

近年では汗を吸着しやすい上に速乾性のある化学繊維も発売されておりますが、通気性の悪さには変わりはなく、脇の下の雑菌を増やす原因となってしまいます。化学繊維からできた衣服は、わきがの方だけでなく一般的な体臭も発生しやすいと言われています。

わきがの方は綿や麻といった天然植物繊維からできた衣服を着用することをおすすめいたします。

これらは汗や臭いをしっかりと吸着してくれるため、脇に汗がたまりにくく雑菌の繁殖を抑えてくれる効果があります。

どうしても化学繊維でできた衣服を着用したい場合は、綿でできた素材の肌着をインナーとして着用するといいでしょう。

生活スタイルを変える

わきがの臭いを悪化させない生活スタイルというのは、小さなことからすぐに始めることができます。例えば入浴時、過剰に皮膚を刺激するような洗い方をしないことです。

ボディスポンジなどで無理に肌を擦り付けてしまうと、アポクリン汗腺の働きが強くなってしまい、わきがの臭いが強くなる可能性があります。

また、洗浄力の強すぎる石鹸を使うと皮脂を落とし過ぎてしまい、逆に皮脂の分泌が過剰になってしまいます。

反対に洗浄力の弱い石鹸を使っている場合は、皮膚の汚れを取り残してしまうことによって不衛生な肌になってしまいます。

適度な洗浄力で、わきがの原因菌を殺菌する効果のあるわきが専用のボディソープを使用するのもおすすめです。

食生活を変える

食べるものに気をつけることで体臭を軽減させることができます。

食の欧米化によって私たちの体臭が強くなることはわかっておりますので、肉類や油っこいものを控えるだけでも大きな違いが出てきます。

野菜や海藻・植物性の発酵食品を多く使用した昔ながらの日本食は、健康にいいことはもちろん、繊維質が多く便秘や下痢を防ぐことができるため、老廃物の排出もスムーズに行われます。

これらがうまくいかないと、本来排出されるべきアンモニアなどといった老廃物が、再度体内を巡ってしまい、行き場を失った有害物質として様々な部分から汗になって流れ出てしまいます。

こうなると、脇だけでなく全身から嫌な臭いを発してしまう原因となるのです。つまり、日本食は健康にいいばかりではなく、体臭を抑えわきがの臭いを軽減する効果がある素晴らしい文化なのです。

しかし、毎日伝統的な日本食を摂取することは現代人には少し難しいことではないでしょうか。

手軽に購入できるファストフードは今では広く浸透しており、とても便利な存在です。また辛い食べ物や香辛料の多く含まれた料理も、どれも魅力的で美味しいのが特徴です。

それらを私たちの生活から完全に断ち切ることはできませんので、例えば人と会う時にはなるべく刺激や匂いの少ないものを選択するようにするなど、できる範囲で無理なく実践していくことでわきがの臭いの軽減につながっていくと言えるでしょう。

まとめ

わきがになってしまう原因と、その臭いを強くさせてしまう様々な要因について説明いたしました。

現在は、生まれ持ったわきが体質に対しこれといった完全な対処法がないのが現実です。

外科手術を行い原因であるアポクリン腺を取り除くことも可能ですが、まだ100%わきがを解決できるというわけではありません。

手術をしてもまた再発してしまう可能性もありますし、今まで何の症状もなかった方がなんらかのきっかけて突然わきが体質になってしまうこともあります。

しかし、私たちが身近なところに気を配り、気をつけて生活をすることで、わきがの臭いを少しでも軽減することができます。

また、今ではたくさんのわきが用のデオドラント商品も流通していますので、食生活や衣服といった対策と合わせてこれらを併用することで、軽度のわきがの方ならばほとんど気にならなくなるほど臭いを減らすことも容易になってくるのではないでしょうか。