体の悩みは誰にでもあるものですが、内容や場所によっては人に言い辛かったり、相談しづらかったりするものもありますよね。
今回ご紹介する「すそわきが」も、そんな人に相談し辛い悩みの種です。
わきがの中でも特にデリケートなすそわきがについて、詳しくご紹介いたします。

すそわきがの原因

わきがと同じアポクリン腺

すそわきがはわきがと同じアポクリン腺の働きが原因で引き起こされる症状です。

つまり、わきがと同じ対処方法で少しでも臭いを軽減させることもできると言えます。

わきがは汗と皮脂が混ざり合い、皮膚上の常在菌によって分解されることで臭いが発生するため、「汗」「皮脂」「菌」に対し適切な対策をしていけばいいのです。

まずは陰部を常に清潔に保つことです。

通気性のいい綿の下着を着用することで、臭いの原因となる汗が蒸れにくくなります。

陰部は特にムレが起こりやすい場所ですので、締め付けの強い服を着用しないように心がけるのも良いでしょう。

また、殺菌効果のある石鹸を使用することや、クリームを塗布するのも効果的です。

しかし、脇と違って陰部はデリケートですので、脇用の商品を使用すると刺激が強すぎて皮膚炎などを起こしてしまう可能性があります。

できればデリケートゾーン専用の商品を使用するのがおすすめですが、現状ではそのような商品はあまり多くありません。

刺激の強弱は商品によって差がありますので、自身の肌に合うものを探していく必要があるでしょう。

婦人科系の病気の予兆?

こうした対策を行っても臭いが改善しない場合、「重度のわきが対策は手術一択」でも説明したように重度のすそわきがであることが考えられます。既にわきがでお悩みではないでしょうか。

女性の場合は、すそわきがではなく婦人科系の病気である可能性が考えられます。

病気によって引き起こされる臭いは、すそわきがとは違った臭いです。

しかし、その判断が難しいかと思いますのでまずは婦人科へ受診をしてみることをおすすめします。

病気による臭いであれば、治療することで自然と気にならなくなるでしょう。

治療方法と治療費

何科にかかればいいでしょうか?

すそわきがであると考えられる場合、どの病院に行けばいいのかすぐに分かる方は少ないのではないでしょうか。

女性の場合は、まず婦人科で他の疾患ではないか診てもらうことが大切です。

女性は特に性感染症などの症状が出にくく、感染に気づかないうちに悪化していることがあるからです。

疾患による臭いではない、つまりすそわきがだと診断された場合、対応可能な婦人科であればそのまま治療へ進みます。

そうでない場合は形成外科や美容外科に通いましょう。

男性の場合も同じように、まずは泌尿器科に行って疾患の有無を確認するのがベストです。

その後、すそわきがに対応しているクリニックへ通うことになります。

近年では積極的にすそわきがの治療を行っているクリニックもあり、治療実績や治療への取り組み方をホームページに掲載しているところも多く存在します。

直接問い合わせをするのは恥ずかしい場合はインターネットで下調べしておくとよいかもしれません。

治療方法

すそわきがの治療方法は大まかに分けると、皮膚を切開し様々な方法でアポクリン腺自体を取り除いてしまう外科手術と、切開せずにアポクリン腺の働きを抑えるような治療方法の2つに分けられます。

わきがの治療では「剪除法」と呼ばれる切開した皮膚を裏返してアポクリン腺を直接取り除く方法が一般的なのですが、すそわきがに関してはあまり切開する手術はメジャーではありません。

一番多いのはボトックス注射を打つことで、アポクリン腺の働きを一時的に弱めることで臭いを軽減します。

しかしボトックスの効果は半年程度しか保たないため、効果が切れる度に注射を打つ必要があります。

直接原因要素を取り除けるわけではないため、長期的に考えると高額な治療法と言えます。

よく行われているものでは「ビューホット」という日本で開発された切らない治療法があります。

これは、細い針を皮膚に刺し、針先から高周波を照射することで原因となる汗腺を破壊するという技術です。

汗腺への効果が高く、再発する可能性が低いため導入するクリニックが増えてきている治療法です。

直接的な治療ではありませんが、陰毛を脱毛・シェービングすることによって陰部に汗や汚れが溜まりにくくい状況を作り、結果的に臭いを軽減させるという対策方法もあります。

治療費

ボトックス注射は両脇で一回10万円以上、これを半年ごとに続けなければなりませんので、一生行うとなると非常に高額な治療法です。しかし、薬剤の入った注射を打つだけですので短時間で治療を受けることができるのがメリットです。

ビューホットでは35万円程度で行っているクリニックが多いです。

麻酔をして行うため、施術中は全く痛みがありません。再発率も低く皮膚の切開もしないため、費用さえ気にならなければこちらを行う方が効率的で手軽だと言えます。

他にはレーザーの照射や切開手術・超音波吸引方などがありますが、そのほとんどが30~40万円程度で行っています。

すそわきがの治療には大体35万円ほど必要だと考えておいた方がよいでしょう。

保険は適用になるのか

わきがの治療では、近年では多くのクリニックで保険が適用されるようになってきました。

と言っても、適用される手術法は「剪除法」に限るクリニックがほとんどで、その他の手術は自由診療で高額になってしまうことが大半です。

すそわきがの治療は、どの手術を行ってもほとんど保険が適用されません。

理由は「治療」ではなく「美容目的」と判断されてしまうためです。

保険が適用になる基準として、日常生活を送るのが困難なくらいの症状が出ていることとされています。

すそわきがの臭いは本人にとってはとても辛いものですが、それによって日常生活に影響が出ているか?という面から見た場合、残念ながらあまり日常生活に支障が出ているとは考えられていないようです。

まとめ

すそわきがとわきがの関係、そしてその治療法についてご説明しました。

すそわきがとわきがには深い関連性があります。

アポクリン汗腺の働きが強い体質の方であれば、わきがである可能性も高く、同じようにすそわきがの可能性も高くなります。発生する場所が違うだけで症状は同じです。

すそわきがはその場所の問題から、臭いに気がつくきっかけがなかなかありません。

知らず知らずのうちに臭いが悪化していたり、パートナーを嫌がらせてしまっていたりということもありうるのです。

しかし、適切な治療を行うことですそわきがの臭いを軽減させることができると言えます。

その治療法は様々で、注射を打つだけで終わるもの・切開せずにできる手術・切開する手術などがあり、自らの生活スタイルや状態にあったものを選択できます。

デメリットとしてはどれも保険が適用されないため高額な治療費がかかることです。

また、軽い症状であればわきが用の石鹸やクリームを使うことで一時的に臭いを抑えることができます。

デリケートゾーンの皮膚は敏感なため商品選びにはより慎重にならなければなりませんが、少しでも症状を和らげることができれば、臭いを気にする生活から解放されていくことと思います。

みなさんのすそわきがへの理解が深まっていけば、すそわきが体質の方だけでなくそのパートナーまでも、上手に向き合うことができる環境ができてゆくのではないでしょうか。