わきがになってしまったとき、もしくはわきがと気付いたとき、まず思うことは「治したい」ということではないでしょうか。
わきがを治す方法や改善をしていく方法は沢山ありますが、その中でも一番に思いつくのは手術ではないでしょうか。
今回は、わきがを手術した場合にかかる料金や方法などを詳しくご紹介していきます。

そもそもわきがとは

わきがの症状

わきがとは「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺から出た汗が皮膚上の脂質分などと混ざり合い、それが「常在菌」によって分解されることにより独特の臭いを発生させてしまう症状のことを言います。

臭いが強いことと同時に、汗の量が多い「多汗症」の症状が見られることも多いです。

またアポクリン腺から分泌される汗は、衣服に黄色い汗染みを作ります。

体臭の問題はとてもデリケートなため、本人が必要以上に気にかけてしまうことや、周囲の者が適切な対応を取ることができないと、精神疾患を併発してしまう可能性もあります。

つまり、わきがとは単に臭いの症状があるだけではなく、精神へも影響を及ぼすことがある重要な問題なのです。

わきがの原因

アポクリン腺は、脇や陰部といった限定された部分にのみ存在しており、私たち皆が当たり前に持っている身体の器官です。

毛穴とほぼ同じ場所に存在しているため、特定の毛の生えている部分にアポクリン腺があると考えてよいでしょう。

皆が同じようにアポクリン腺を持って生まれてくるにも関わらず、わきがの臭いが気になる方とそうでない方の違いは何なのでしょうか。

それは、アポクリン腺の数・働きの強さ・大きさによって左右されます。

個人差はありますが、アジア人はアポクリン腺の働きがあまり強くないほうだと言われており、わきがの臭いが気になる体質の方は10〜15パーセント程度です。

しかし、白人では約80パーセント、黒人ではほぼ100パーセントがわきが体質を持っています。

日本人がわきがを特に気にかけてしまうのは、そのような体質の者がさほど多くないからというのも大きな原因です。

わきがの手術方法について

何科に受診すればいいのか

ではわきが体質の方はどのように対策を行えばいいのでしょうか。

わきがの臭いの原因は「アポクリン腺」から出る汗によって引き起こされる為、この汗腺を取り除く・働きを抑えることで臭いを軽減することができると考えられます。

まず、病院でわきがの治療を受けようと思った場合「皮膚科」「形成外科」「美容外科」などを想像するかと思いますが、わきがの手術を行っているかどうかを事前に病院に確認しておくことがベストです。

わきがは審美的観念が強いため、近年では「わきが専門」と謳う美容クリニックも増えています。

専門クリニックでは、患者と患者が顔を合わせないような作りになっていたり、ブザーなどを使用し直接患者の名前を呼ばずに診察室まで通してもらえたりと、わきがを気にする方に配慮した体制をとっているところもあります。

大まかな手術方法の分類

わきがの手術の種類は、「直視下手術法」と「非直視下手術法」の2つに分けることができます。

これは言葉の通り、原因要素であるアポクリン腺がある部位を医師が直接視ながら手術を行うのか、それとも患部を直接視ることなく間接的な方法でアポクリン腺の働きを止めるのかどうかで判断されます。

直視下手術法

剪除法(せんじょほう)

現在最も一般的に行われているわきがの手術方法です。

脇の皺に合わせて皮膚を切開し、皮膚を裏返してはさみのような器具で原因となるアポクリン腺を直接除去していきます。

医師の目で患部を確認しながら行うため、アポクリン腺の取り残しが少なく再発率も低い手術です。

切開する範囲は4cm程度で、他の手術と比べると少し範囲が広くなっています。

非直視下手術法

吸引法

脇付近の皮膚を1cmほど切開し、脂肪吸引に使用する器具でアポクリン腺を吸い出すことでわきがの臭いを抑える手術です。

傷口が小さく目立たない・術後の痛みが少ないことが特徴ですが、直接患部を確認せずに吸引を行うため、アポクリン腺の取り残しがある場合は再発してしまう可能性が高いのがデメリットです。

また、費用が数十万と高額になってしまうこともあります。

この吸引法が進化したものに「超音波吸引法」という方法があります。

これは吸引法同様に皮膚を小さく切開し、そこから特殊な超音波を発生させる器具を挿入します。

超音波によって汗腺を破壊し、破壊された汗腺を吸引することでわきがの原因を取り除くことができます。

吸引法と同様にアポクリン腺の取り残しの可能性があること、汗腺以外の部分へ損傷を与える可能性があります。

皮下組織削除法

脇の皮膚を2cmほど切開し、そこからローラーとカミソリがついたハサミのような器具を挿入します。

皮膚の上部をローラーで抑えながら、皮膚の下からカミソリでアポクリン腺を削ぎとっていきます。

皮膚の下は目に見えず、そこにカミソリを這わせて行う作業のため、技術の高い医師でなければ十分な効果が得られません。

しかし、しっかりと除去ができた場合は再発率も低く効果も高いと言えます。

皮膚の下の細胞をギリギリまで削ぎ取るため、脇が黒ずんでしまい色素沈着を起こすことがあるのがデメリットです。

費用も高く、術後のケアも長引く傾向があります。

切除法

剪除方と似ていると思われがちですが、こちらは脇の毛が生えている部分全体を切り取ってしまう手術法です。

アポクリン腺だけを取るのではなく、わき毛を作る細胞自体を取り除いてしまうため脱毛効果も得られます。

しかし、広範囲にわたって脇の皮膚の切除を行うため、術後しばらくは腕を動かすことができない・痛みが強いなどの不便な点があります。

マイクロウェーブ法

皮膚の切開は一切せずに、特殊な電磁波を皮膚の表面から照射します。

この電磁波を発する機械を「ミラドライ」と呼ぶため、ミラドライ法と呼ばれることもあります。

電磁波が水分に反応して熱を発生させることでアポクリン腺の細胞を破壊することができます。これは電子レンジで食品を温めるときの原理と似ています。

しかし、こちらも全てのアポクリン腺を確実に破壊できるわけではないため、十分な効果が得られない場合があります。

切開をしないため術後のケアがとても簡単で今まで通りの生活をすぐに送ることができるのが最大のメリットです。

手術で治るかどうか

様々な手術をご紹介しましたが、一番効果が高く再発率も低い「剪除法」が現在最も一般的な手術と言えるでしょう。最近新たに開発された手術法に関しては、長期的な効果が得られるのかどうかまだ不明な部分が多いため、今後徐々に研究され広まっていくのではないかと思います。

皮膚を切除して行う手術は術後しばらくの間は日常生活に支障をきたすことがありますので、必ずしも剪除法だけが良いわけではありません。

仕事や学校の予定がある方は、術後のケアにかかる期間が特に大事になってくるでしょう。

その他にも、費用・再発リスクなどを考えた上で医師とよく相談していきましょう。

また、アポクリン腺の活動は人間の成長期に合わせて活発になりますので、20歳以降に手術を受けることが再発率を低くすると言われています。

しかし、周りの目にとても敏感な10代の時期をわきがの臭いで悩んだまま過ごすことはとても辛いものです。

再発のリスクを理解した上で、10代のうちに一度手術を受けることも一つの方法ではあるでしょう。

保険適用

適用となる条件

私たちが風邪をひいて病院にかかった場合、保険証を持参すれば大半の方は費用の3割を自己負担することで治療を受けることができます。

わきがの手術もクリニックによっては健康保険を適用することができます。

特に先述の「剪除方」は、近年では多くのクリニックで保険を適用して手術を受けることができます。

保険を使用して手術を行いたい場合、まずは自身が受診するクリニックが保険適用でわきがの手術を行っているかどうかを確認する必要があります。

わきがは審美的観念で捉えられてしまうことが多いため、保険を適用しない自由診療、つまり治療費の10割全てを自己負担しなければならないクリニックも多く存在します。

美容整形や審美目的の歯列矯正に保険が適用されないのは、病気の治療ではなく美容目的の治療として考えられるためです。

この場合、費用はクリニックによって自由に決めるため、同じ手術でもクリニックによって金額の差が大きく開くことがあります。

次に、医師が実際に臭いを確認し「わきが」の症状が確かなものであるかどうかの診断を受けなければなりません。

実際にはわきがの症状が出ていないにも関わらず、「自分はわきがかもしれない・・・」という不安で受診される方も多いからです。

アポクリン腺が発達している方は耳垢が湿っていることが多いため耳の中をチェックすることもあります。

また、わきがの体質は遺伝する可能性が高いので、ご家族にわきがの人はいないかといった確認を行うクリニックもあります。

そうして医師により「わきが」と診断された場合、どのような治療を行っていくのか話し合いが進められていきます。

保険適用になればいくらでできるの?

「剪除法」は保険適用できるクリニックが多く、その場合3万5千円〜5万円程度で行うことができます。麻酔代やアフターケア代で若干の金額の誤差はありますが、国で定められた金額のため大きな差額は発生しないと言えます。

剪除法以外にも、「吸引法」や全く切開をしない「マイクロウェーブ法」にも保険を適用した料金で受けられるクリニックは少ないながら存在します。

しかし採算性のためか、ほとんどのクリニックでは剪除法以外は自由診療となっています。

まずはホームページや電話で、自分の望む手術法がの費用がいくらかかるのかを事前に確認を取っておくとよいでしょう。

保険を使ったらばれますか?

保険適用の手術を受ける場合、クリニックに保険証を提示することとなります。

健康保険を使って治療を行うと、いつ・どこの病院で・いくらかかったのか、という治療費の一覧が年に一度自宅に郵送されます。

会社員の方であれば、会社から直接渡されたり郵送されたりするかと思いますが、必ず封をした状態で渡さなければなりませんので、会社の事務員などにもバレる可能性はありません。

そのお知らせも受け取りたくないという場合は、自由診療で手術を受けなければなりません。

自由診療の場合は保険証を提示する必要がないため、何かの記録に残ってしまうことはありません。

その代わり負担する費用が高くなってしまいます。

まとめ

今回はわきがの「手術」と「保険」についてご紹介しました。

わきがの原因であるアポクリン腺を取り除く方法は多数あり、そのほとんどが日帰りでできる短時間の手術です。

しかし切開の範囲によってはしばらくの間激しい運動ができない可能性があり、それが仕事や部活に支障をきたしてしまうと困る方もいるでしょう。

つまり、どの手術が適しているのかはそれぞれの状況によって違ってきますし、費用の高い・低いで単純に良し悪しが判断できるわけではありません。

再発の可能性がある手術はあまりよくないと思われがちですが、場合によってはその手術でなければならない方もいるのです。

自身にあった手術の方法を見つけ、気になる症状を軽減していくことができれば、心身ともに大きな変化をもたらすのではないでしょうか。