わきがは手術したら必ず治るの?わきが手術のまとめ

わきが手術はまさに、最終手段と言っても良いかもしれません。わきがの根本原因であるアポクリン線や皮脂腺を取り除くそうです。そうすれば、アポクリン汗腺を減らせますし、結果として、多量の汗が出るのを防げる可能性が出て来ます。それに手術は、一時的な効果を得るものではないですよね。ずっと続くという大きなメリットがあります。わきがにずっと悩まされている人にとっては、最後の頼みになるのではないでしょうか。

1.直視下手術法(1つずつ汗腺を除去)

わきが手術でよく行われているのが、直視下手手術の剪除法(せんじょほう)と言われる方法だそうです。わきの下を、3~5センチほど切開。そして皮膚を裏返します。そこにアポクリン線が並んでいるので、1つずつ丁寧に取り除いていく手術方法のようです。

執刀医が、ひとつずつ自分の目で確認しながら、取り除いていくので、確実性は高いと言われています。ただし、傷跡については、長いという声もあるらしいので、その点は、傷跡が目立たない高い縫合技術を持った医師を選ぶことをオススメします。

わき毛が減ったり、しばらく傷口をガーゼなどで固定する必要はあるらしいのですが、入院などはしなくても良いらしいので、忙しくて時間のない人にも合った手術法と言えるかもしれません。費用については、症状や保険適用なども関係してきますが、相場としては、30~50万円ぐらいを見ておくと良いでしょう。

2.非直視下手術法(汗腺を壊して吸い込む)

わきの下に1センチほど穴を開けます。そこから、カニューレという細い管のような道具を使い、アポクリン汗腺やエクリン汗腺と言った汗腺や、皮脂腺などを取り除いていく手術方法だそうです。

脂肪吸引と似ているかもしれませんね。

この非直視下手手術法の大きなメリットは、傷口が目立たないことと言えるかもしれません。しかし剪除法よりも、広範囲で、汗腺や皮脂腺を取り除くことができるとも言われています。

ただ、医師が直接自分の目で見て確認する方法とは言えないので、汗腺などの根が残っているケースも。そうなると、再発する場合もあるので、そこがリスクと言えるかもしれません。費用としては、15万円からそれ以上を考えておいたほうがいいでしょう。

3.超音波吸引法(熱を使うのでリスクに注意)

皮下組織吸引法を基本として、改良し、レベルアップさせたのが超音波吸引法です。

皮下組織吸引法では、カニューレを使用して、汗腺などを取り除く方法と言われています。この超音波吸引では、カニューレではなく、超音波を使うそうです。超音波を生み出し、その熱で汗腺を破壊して吸い込んで行くという方法。

高い効果は期待できるそうですが、やはり大きなリスクも考えなければならないという話も。

アポクリン汗腺すべてを取り除くのが困難という説があります。さらにもっと注意したいのは、熱を使うために、火傷や皮膚の壊死の可能性も考えなければならないようです。費用は18万~30万ぐらいを考えておくと良いでしょう。

4.皮下組織削除法(医師の手術能力が必須)

皮下組織削除法は、カニューレや超音波とはまた違う、特殊な専用器具を使用するそうです。

カミソリの刃とローラーを組み合わせたような道具という話。まずわきの下を1センチほど切開するそうです。次に、ローラーを使って皮膚表面をコロコロ転がす。カミソリによって皮膚を削ることで、アポクリン汗腺などを取り除いて行く方法と言われています。

この皮下組織削除方は傷口が小さいので、あまり目立たないのが大きなメリットと言えるでしょう。

ただ、手術をしたら1週間ほど、脇を固定しなければならないようです。回復まで時間がかかるので、時間に余裕がある人ならば良いかもしれません。

技術力が求められる手術方法らしく、失敗をすれば、皮膚が大きく傷つくようなトラブルに発展するので、その点を注意して、医師選びを慎重にしなければならないでしょう。費用としては、20~40万円ぐらいを考えておくと良いです。

わきが手術をする際の注意点

いや手術跡が残るリスクも考えよう

わきが手術の多くは、根本原因である、アポクリン汗腺や、エクリン汗腺や皮脂腺などを取り除くことができるようです。そのため、効果は大きいと言えるかもしれません。

しかし、トラブルもあるので、その点も考慮に入れて、手術をするかどうかを選ぶことが肝心となります。

もし値段が安いというだけで、経験があまりない、信頼できない医師や病院に頼むと、トラブルが生じることになるようです。

例えば、せっかく手術をしたのに、わきがの臭いが取れないなどもあるという話も。ただ、手術を受ける人たちも勘違いしているフシもあるようです。手術は根本的な原因を取り除くことができるのですが、完璧にすべての汗腺を除去できるわけではないようです。

さらに汗腺を壊したとしても、5~10パーセントは再生する場合が。わき汗もまったく出ない。臭いもまったくしない。という風に考えないようにしたほうがいいかもしれません。

それでも手術をすることで、普通の体臭レベルになる人も。この点にも注意して、手術を受けるかどうか判断すると良いでしょ

医師と病院選びが大切

わきがの手術は確かに効果的と言えるかもしれません。しかし重度の場合、一度だけでは納得できる結果とならないケースもあるかもしれません。

しかし再手術を検討する時は、リスクも大きいことは、頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

それは、診断の困難さであったり、手術をした後の肌が硬くなってしまったり、皮下組織がくっつくので、手術がむずかしくなってしまうそうなんです。

だからこそ、わきがの手術では、本当に信頼できる医師を選ぶことが肝心でしょう。現在ではインターネットで、さまざまな情報を得られるようになりました。自信のある医師や病院は、名前や手術例などを、ホームページで紹介していたりもします。

実績はどれぐらいあるのかなどを中心に、医師や病院の情報を集めるようにしましょう。そしてカウンセリングで、じっくりと話を聞いてくれるような意思を見つけるようにしてください。