わきがになってしまったとき、どのような方法でわきがを対処すればよいのでしょうか。
対処方法には様々なものがありますが、手術などは怖いというイメージもあるかと思います。
ここでは石鹸によるわきが対策についてご紹介してきます。
除菌効果の高い石鹸はわきがに効くのでしょうか。

わきがとは

ニオイが発生するメカニズム

わきがのニオイのメカニズムは、脇の毛穴に存在するアポクリン腺から分泌された汗が皮脂と混ざり合い、皮膚上の常在菌によって分解されることにより独特のニオイが発生するというものです。

原因となるアポクリン腺・皮脂・常在菌は私たち誰もが皆同じように持つ身体の器官によってもたらされるものです。

よって、完全にそれらの器官の働きを停止させることはできません。

汗をかかない、皮脂を分泌しない、常在菌のいない皮膚を作ることは現実的に不可能だと言えるからです。

しかし、これらの原因を少しでも抑えることでわきがのニオイを軽減させることはできます。

原因となる常在菌

汗も皮脂もわきがを引き起こす原因ではありますが、今回はその中でも原因の一つである「常在菌」に重点をおいてみましょう。

実は私たちの皮膚には目に見えない様々な細菌が常に存在しています。

特に有名なのはニキビの元となるアクネ菌です。

皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

実はこの他にも黄色ブドウ球菌・表皮ブドウ球菌・コリネ菌などの菌が皮膚上に存在していることが確認されています。

これらの菌は汗をよくかく部分で特に活発に細胞分裂を繰り返し、凄まじいスピードで繁殖していきます。

その中でもわきがに関係していると言われているのは「コリネ菌」と「表皮ブドウ球菌」の2つです。

コリネ菌

コリネ菌は別名「コリネバクテリウム」と呼ばれており、この菌はアポクリン腺から出る汗の成分によって働きを強めるため、脇や陰部といった場所によく存在しています。

わきがの臭いが発生するメカニズムとして、脇から分泌された汗と皮脂が混ざり合ったものを皮膚上の常在菌が分解することで独特の臭いが発生するのですが、この「常在菌」にあたるものが「コリネ菌」なのです。

よって、わきがを引き起こす一番の原因菌はコリネ菌だと言えます。

表皮ブドウ球菌

もう一つの菌である「表皮ブドウ球菌」は実は悪い菌ではありません。

かえっていい香りを発生させる効果があり、「善玉菌」と言われる部類の菌です。

では、なぜわきがにこの表皮ブドウ球菌が関係しているのでしょうか。

表皮ブドウ球菌は肌の状態をよく保つ効果があり、健康な人の肌には当たり前のように存在しています。

しかし、この表皮ブドウ球菌がなんらかの理由により数が減ってしまうと、黄色ブドウ球菌や真菌などといった「悪玉菌」が増加してしまう原因となります。

わきがの臭いを軽減するためには、善玉菌である表皮ブドウ球菌を残しながら、原因であるコリネ菌や悪玉菌を取り除いていく必要があると言えます。

常在菌を減らすために

表皮ブドウ球菌は私たちの肌に良い効果をもたらす菌ですが、シャワーやお風呂でそのほとんどが洗い流されてしまいます。

そのため、臭いが気になるからと言って洗浄力の強いボディソープで体をゴシゴシと洗うことはよくありません。

優しく洗いながら患部を清潔に保つことが大切です。

また私たちの「皮脂」は、わきがの原因菌を寄せ付けなくさせる「善玉菌」のエサになるため、皮脂を落としすぎることもよくありません。

ですが、過剰な皮脂は悪玉菌のエサとなりわきがの臭いを引き起こす原因にもなりうるのです。

適度な皮脂量を保ちつつ、良い菌である「表皮ブドウ球菌」を残しながら、原因である「コリネ菌」だけを殺菌できればとても効率の良いわきが対策ができると言えます。

しかし、特定の菌だけを選択して除去することはなかなか難しいのが現状です。

わきがに効果的な入浴法

間違った入浴法をしていませんか?

みなさんは毎日シャワー・入浴をされる方がほとんどだと思いますが、入浴方法の仕方によってわきがの臭いを悪化させてしまうことがあります。一番多いのは、体をゴシゴシと強く擦って洗ってしまうことです。

わきがの原因菌や皮脂・汗を落としてしまいたいという気持ちからついつい強く擦ってしまいがちですが、これはかえって逆効果になってしまいます。

皮膚を刺激してしまうことでアポクリン腺の活動を余計活発にさせてしまいます。

それだけでなく、皮脂を取り除きすぎてしまうことで肌が乾燥状態になってしまったと勘違いをし、もっと多くの皮脂を分泌しようと働いてしまいます。

過剰な皮脂があることで皮膚の常在菌は活発に分解を行い、それによってわきがの臭いが悪化してしまうのです。

正しい入浴法

では、わきがの臭いを軽減する正しい入浴法について解説していきたいと思います。まずは毎日使用しているボディソープを殺菌効果のあるわきが専用のものに変えることで、日頃のケアとして簡単に取り入れることができます。

一般的な石鹸やボディソープにも十分な洗浄効果は備わっていますし、余分な皮脂を落とすことは可能です。

ですが、殺菌効果のあるわきが専用の石鹸を使用することでさらに高い臭いの軽減効果が望めます。

ボディソープには洗浄力が高すぎて肌の乾燥を引き起こしてしまうものも多く存在しますので、洗浄力が強すぎず・かつ殺菌効果を持ち合わせているものを使用することがベストでしょう。

また、体を洗う際は強く擦りすぎないこと、しっかりと泡立てて優しく肌を包むように洗うことが大切です。

すすぎ残しがあると雑菌の繁殖につながってしまうため、泡が残っていないかしっかりチェックをしましょう。

シャワーだけでなく、湯船に浸かって毛穴の汚れを浮かせることも一つの対策になります。

お風呂から上がったあともタオルで優しく水分を拭き取ります。

ここでまた強くゴシゴシと擦ってしまうことはもちろん厳禁です。

そういった小さな心がけを重ねていくことで、わきがの臭いを軽減させる一歩へとつながっていくのです。

おすすめワキガ専用石鹸

クリアネオボディーソープ

殺菌・消臭成分を多く含んだ使いやすいポンプ式の液体ボディソープです。

一番の特徴は「o-シメン-5-オール」と呼ばれる殺菌成分が配合されていることです。

これがわきがの原因となる菌をしっかりと取り除いてくれます。

この成分の他にも複数の殺菌成分が含まれており高い効果が望めます。

無香料ですが、天然のユーカリ精油が配合されているためふんわりと自然な香りが楽しめます。

もちろん、ユーカリも抗菌作用のある天然成分です。

香り成分にもしっかりと抗菌効果を備えたものを使用しているのは、臭い対策の商品としてはとても頼もしいと言えるでしょう。

固形石鹸ではないため、ボディスポンジに直接プッシュすることで簡単に泡立てて使用することができます。

わきがだけではなく一般的な体臭にも効果がありますので、全身に使用することでしっかりと消臭効果をもたらしてくれます。

皮脂の取りすぎによる乾燥肌を防ぐために、ヒアルロン酸・アロエベラ葉エキスなどの保湿成分が配合されており、刺激の少ない仕様となっておりますので、男女問わず安心して使用することができます。

シンプルなパッケージのため、体臭用のボディソープだと気付かれにくいのも嬉しい点です。

薬用柿渋エチエットソーププレミアム

こちらは固形タイプのわきが用石鹸です。

名前の通り柿渋成分を配合しているのが特徴です。

柿渋に含まれる「柿タンニン」という成分は体臭に効果があると昔から言われています。

なんとこの柿タンニンですが、抗ウイルス効果や防虫効果など様々な用途として古くから利用されている万能成分です。

柿タンニンは嫌な臭いの元となる成分と合体し、原因ごと取り除くという強い消臭効果があります。

また殺菌・抗菌効果があるため、わきがの原因となる菌を殺菌することもできるのです。

もちろん洗浄効果のある石鹸ですので、皮脂や汚れを落とすことによって皮膚を清潔に保つことができます。

柿タンニン以外にも、茶カテキンやユーカリエキスを配合しており、殺菌・消臭効果が望めるのは確かと言えるでしょう。

マックス薬用柿渋石鹸

こちらも上記同様柿タンニンを主成分とした消臭効果のある固形石鹸です。

大きな違いとして言えるのは、殺菌消毒成分である「トリクロカルバン」が配合されていることです。

柿タンニンの殺菌効果があるのはもちろん、さらに強い殺菌効果が期待できると言えます。

また、泥成分である「ベントナイト」も含まれています。

泥には毛穴の汚れを吸着して落とす効果がありますので、常在菌の除去だけでなく毛穴の奥の皮脂のケアまでもしっかり対策でき

そして、この商品は保湿成分に力を入れているのも大きな特徴です。

「ハマメリスエキス」「アルニカエキス」「オトギリソウエキス」といった天然由来の多数の保湿成分が配合されており、洗い上がりの肌をしっとりと保つことで、健康的な肌を作り出します。

ミョウバン石鹸

最後にご紹介するのは、柿渋成分ではなく「ミョウバン」を配合した固形石鹸です。

体臭軽減効果があるとして有名な「柿渋」同様に、ミョウバンも消臭効果があることで有名です。

ミョウバンは水に溶かすことで酸性になり、強力な殺菌作用をもたらします。

これによって原因菌を抑えるのはもちろんですが、さらにミョウバンには汗の分泌を抑える収れん作用があることが知られています。

つまり、毛穴を引き締めることによってわきがの原因となる発汗を少なくすることができるのです。

また、ミョウバンはアンモニアに対する消臭効果がとても強いと言われており、これは他の消臭成分には見られないミョウバン唯一の特徴と言えます。

まとめ

わきがに効果のある石鹸にはたくさんの種類があることがわかりました。

配合されている有効成分も様々ですが、どれも基本的には殺菌・抗菌作用によってわきがの原因菌の活動を抑えることで臭いを軽減する効果があると言えます。

商品の形状には好みがありますので、自身のスタイルや使い勝手に合わせて、石鹸か液体ソープかを選択するとよいでしょう。

肌のタイプは人によって違いますので、保湿成分を多く含んでいる商品でも乾燥や肌荒れを引き起こしてしまう可能性があります。

その場合は、わきの部分にのみ使用するようにしたり、お風呂上がりの保湿ケアに力を入れたりと、適切な対策を取っていくべきでしょう。