自分の体の臭いが気になる時、自分はわきがなのではないかと不安になる方もいると思います。
わきがの臭いと体臭の臭いには違いがあり、性質も違います。
ここでは、体臭とわきがの違いについて具体的にご紹介していきます。

体臭とわきがは性質が違う

体臭とは

わきがと体臭は「体から臭いを発生する」という点では同じもののように考えられ、特に気にかけたことのない方からはひとくくりにされがちです。

しかし、これらは実は全く原理の異なる症状なのです。

自分がわきがかもしれないと考えている方はまず本当にその症状がわきがかどうかを確認する必要があります。

そもそも「体臭」とは、皮膚上に溜まった皮脂や汚れといった物質が時間の経過とともに酸化することで臭いを発生する症状のことを言います。

これらは全身から臭いを発するもので、例えば頭皮の臭い・汗臭い・口臭がするといったこと全てが「体臭」の分類となります。

こうした臭いの強さに個人差はありますが、常に身体を清潔に保ち衣服をこまめに取り替えること、またちょっとした食生活の改善などの意識を持つことによって、ほとんどの場合は簡単に臭いを軽減させることができます。

わきがとは

わきがは体臭とは違い、非常に強い独特の臭いが特長です。

この臭いは簡単に防ぐことはできません。

体臭の原理が「皮脂の酸化によるもの」であることに対し、わきがの原理はこれらの皮脂汚れがアポクリン汗腺から分泌された汗と混じり、皮膚の常在菌によって分解・発酵されることでアンモニアなどの独特の臭いを発生するといったメカニズムになっています。

体臭の原因となる汗はエクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌されます。

エクリン腺は全身に存在する汗腺で、汗の成分はほとんどが水からできています。

しかし、わきがの原因となる汗はアポクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌され、このアポクリン腺は身体の中でも一部にしか存在していません。

脇や陰部といったところにあるため、わきがやすそわきがの原因になるのです。

汗の成分もたんぱく質や鉄分などを含んでいます。

そのため皮膚の常在菌の繁殖が活発になりやすく、強い臭いを発するのです。

体臭とわきがでは対策が違う

一見似ている体臭とわきがですが、その原理を辿ると発生のメカニズムが異なることがわかります。

つまり、わきがの方が単なる体臭の対策をとったとしても、わきがの臭いを抑えることはできません。

そもそもこの2つは対処法が異なるのです。

まずは自分の臭いがわきがなのか体臭なのか正しい判断をしなければなりません。

その上でそれぞれに合った対策方法を見つけていく必要があります。

わきがかどうか確かめる方法

耳垢が湿っている

わきが体質の方に多いとされているのが「耳垢が湿っている」という症状です。

わきがの原因となるのは脇に存在するアポクリン腺から分泌される汗ですが、このアポクリン腺は脇や陰部だけでなく耳の中にも多く存在していることがわかっています。

つまり、アポクリン腺の働きが人よりも強いわきが体質の方は、耳の中のアポクリン汗腺からも多量に汗をかいてしまう傾向があり、それによって湿った耳垢を作り出してしまうのです。

耳垢のチェックは自宅で簡単に行うことができますので、自分がわきがかどうかの判断するためにまずは確認してみましょう。

しかし、耳垢が湿っているからといって全ての方がわきがであるというわけではありません。

この確認方法はあくまでも参考程度にしておきましょう。

親はわきが?

わきが体質は遺伝する確率が非常に高いです。

これはわきが体質が「優性遺伝子」と呼ばれる非常に遺伝しやすい特性を持っているためです。

親のどちらかがわきが体質である場合、それが子どもに遺伝する確率は75%というとても高い結果になります。

また、両親のどちらもわきが体質を持っている場合はさらに高い93%の確率で遺伝すると言われています。

こうして子どもに遺伝したわきが体質は、多くの場合思春期~成長期の間に強く症状が現れ始めます。これは、成長ホルモンの分泌と同時にアポクリン腺の働きが活発になるためです。

残念ながら、親からのわきが体質の遺伝をさせないようにする方法はありません。

親がわきがであるという自覚がある場合は、子どもにもしっかりとしたわきがの対策方法を教えてあげる必要があります。

対策をすることで、少しでも子どもが快適に過ごせるような環境を作ってあげましょう。

服が黄色くなる

わきがかどうか確かめる方法の一つとして、衣服の汗じみのチェックがあります。

わきがの原因となるアポクリン腺から分泌される汗は、一般的なエクリン腺から分泌される汗とは違い、たんぱく質などの様々な成分が含まれています。

実はその中に「リポフスチン」という色素成分も含まれています。

これによって引き起こされるのが衣服の黄ばみです。

わきが体質の方は脇の汗じみ部分が黄色くなってしまう傾向があります。

白いシャツなどは特にその色がはっきりと出るため、自分がわきがかもしれないと悩んでいる方は、まずは衣服の汗じみの色をチェックしてみるといいかもしれません。

医師による診断

こうした様々な特徴に当てはまるという方はわきが体質である可能性が高いと言えるでしょう。しかし、近年では必要以上に周りの目を気にしすぎるあまり、実際はわきがではないのに「自分はわきがだ」と思い込んでしまう方も少なくありません。

それほどまでに臭いは周囲の人に影響を与え、自分を追い込んでしまう程のストレスの元となっているのです。

スメルハラスメントという言葉が生まれたのも割と最近の話です。

自分がわきがかもしれないと思った場合は、まずは必ず医師による診断を受けるようにしましょう。

あなたの臭いがわきがなのか体臭なのかは、最終的には医師に診断してもらう必要があります。

クリニックでは耳垢のチェックを行うことや、家族にわきが体質の方がいないかといった上記と同じ確認をすることがあります。

こういった項目を踏まえた上で、実際に医師や看護師が臭いを確認するといった方法をとっている場合もあります。

こうした綿密な診察によってわきがだと診断されて初めて、わきがに対する治療方針が提案されていくのです。

体臭の防止とわきがの防止

体臭を止めるには

メカニズムが異なる「体臭」と「わきが」ではその対策も違ってきます。

まずは体臭を抑える方法についてご説明します。

一般的な体臭の原因は皮脂汚れが酸化してしまうことで引き起こされますので、皮膚を清潔に保つことが第一です。

毎日しっかりとシャワーを浴び、衣服や寝具をこまめに取り替えるなどの基本的な対策を行いましょう。

入浴時に使用するボディソープやシャンプーには体臭を抑える成分を配合したものなどがありますので、自分に合う商品を探してみるのも良いでしょう。

制汗スプレーや拭き取りシートを持ち歩き、汗をかいてしまったらすぐに対応できるようにしておくのもおすすめです。

体臭はわきがよりも臭いが弱いことがほとんどですので、こうした心がけをすることで強い臭いになる前に食い止めることができます。

わきがを止めるには

わきがは体臭とは比にならないほど強い独特の刺激臭があり、簡単にその臭いを断ち切ることはできません。

もちろん、体臭の対策同様に皮膚や衣服を清潔に保つことはわきがの軽減に繋がりますのでとても大切なことだと言えます。

軽度のわきが症状においては、制汗剤の適切な使用や、わきがの原因菌を殺菌する効果のある石鹸・クリームを使用することで、その臭いを少しでも軽減することは可能です。

しかし、わきがの原因となるアポクリン汗腺を元から取り除かなければ何度も臭いの発生を繰り返してしまいます。

重度のわきが対策は手術一択!デオドラントは効果がない」の記事でも詳しく書いていますが、重度のわきがや、少しでも臭いがあるのが嫌だという場合は、外科手術によってアポクリン汗腺を取り除くことができます。

これは脇の皮膚を数cm切開して、直接アポクリン汗腺を削ぎ取る・脇の皮膚全体を切り取ってしまうといった手術です。

どれも日帰りでできる短時間の手術ではありますが、しばらくの間腕を動かすことができなくなってしまいますし、ある程度の術後の痛みは覚悟しなければなりません。

切開せずに治療する方法もありますが、ほとんどのクリニックでは保険が適用にならず、治療費が高額になってしまうパターンが多いようです。

また、手術したからといって必ずしもわきがが完治するわけではありません。手術方法によってはアポクリン腺の取り残しが起きる可能性が高いものもあります。

わきの臭いは治ったけれど別の場所が臭うようになってしまったということもあります。

こうしてみるとわきが体質はとても厄介なものですが、食べるものや生活リズムを整える内側からのケアと、殺菌・除菌といった外側からのケアを組み合わせて、少しでも臭いを軽減できるようにしっかりと向き合っていきましょう。

困ったら医師に相談

わきがも体臭も、自分でどうにもすることができないと思ったらすぐに医師に相談しましょう。

わきがであれば皮膚科や美容外科・形成外科で診察をしてもらえます。

ですが、事前にクリニックにわきがの治療を行っているかどうかを確認したほうがいい場合があります。

そもそもわきがの手術設備がないところや、保険の適用の有無によって費用に大きな差があるなど、病院の対応は様々です。

また、わきがの治療にどれだけ理解や治療実績があるのかといった部分もホームページや電話で聞いてみると良いでしょう。

良心的にわきがに向き合ってくれ、あなたの求めている方法・条件で治療ができるクリニックを見つけましょう。

単なる体臭の場合は臭いの原因が多種多様です。

単に不衛生なことによる臭いの発生だけでなく、何らかの疾患によって臭いが発生していることも考えられま

そのため、内科や消化器科などにかかることが多いです。

自分で判断がつかない場合は総合病院に行くというのも一つの方法です。

まとめ

このように、わきがと体臭ではかかる病院の科も異なりますし、日頃の対策方法も変わってきます

一番のポイントは、悩んだら必ず医師に相談することです。

わきがの臭いを気にしすぎるあまり精神疾患を併発してしまう方も多く、今やわきがは単なる臭いだけの問題ではなくなってきています。

そして誤解されがちな「わきがは不潔だから起きているのではないか」という意識がそもそも大きく間違っているということを、もっと周りの方々が理解をしていく必要があります。

欧米ではほとんどの方がわきが体質を持っているため、臭いがあるのは当たり前だと言われています。

ですので、体臭を深く気にするという意識が日本に比べると少ないようです。

日本人はわきが体質の割合が低く、独特の食文化の影響もあってかもともと体臭が少ない方がほとんどです。

「臭いがないことが当たり前」と思っている方が多いため、わきがに対する抵抗感が強くなりがちだと言えます。

しかし、わきが体質の原因となるアポクリン汗腺は誰もが持っている器官です。

いつ、どこでわきが体質になってしまうのかはわからないのです。

ストレスの増加や妊娠・出産によって急にわきがの臭いが強くなってしまう場合もあります。

もしもあなたやあなたの身の回りの人がわきがになってしまったら…適切な対応を取ることができるように、多くの方がわきがに対する知識を深めていくことができればと思います。