わきがはその原因となるアポクリン汗腺を取り除く手術を行うことで、多くの方が気になる臭いを改善することができます。

しかし、手術は皮膚を切開するものが多く、いきなり手術をするのは心配だと考える方も多いのではないでしょうか。

また、成長期の途中であるこどもは、成長ホルモンの分泌と同時にアポクリン汗腺の活動が活発になると言われています。

そのため、早い段階で手術をしてもその後再びアポクリン汗腺が発達し、わきがの症状が再発してしまうこともあるのです。

そういった場合におすすめなのが薬用デオドラント商品で臭いを抑える方法です。

では、ワキガやニオイを抑えるためにはどのわきがクリームや薬を選んだほうが良いのでしょうか。

当サイトのランキングでは、わきがの臭いに悩む私が「効果」「人気度」「信頼度」「お手軽度」を最も効果があった順に判断し、臭いの原因となる汗と細菌をおさえる強力な市販の薬やデオドランドクリームを紹介しています。

ワキガに一番効く薬用デオドラントランキング

  1. クリアネオ

    ワキガ以外の足臭などのニオイにも効果的な 無添加・無香料のデオドラントクリーム!

    効果5.0
    人気度5.0
    お手軽度4.0
    保証永久返金保証
    定期購入価格:
    4,980(税別)
    定価:
    5,980円(税別)
    ここに注目

    わきがの臭いの原因菌増殖を防ぐイソプロピルメチルフェノールと、脇汗の発汗を抑制するパラフェノールスルホン酸亜鉛をダブル配合。臭いだけでなく、気になる脇汗も防いでくれます。しかも無添加なので制汗剤かぶれしやすい方にも超おすすめです。

    公式サイトはこちら

  2. ラポマイン

    女性の体臭ケアに4次元デオドラント! 脇がべたつかず、サラサラで無臭なわきが専用クリーム!

    効果5.0
    人気度3.0
    お手軽度3.0
    保証初回90日間返金保証
    定期購入価格:
    5,700(税別)
    定価:
    8,560円(税別)
    ここに注目

    とにかくワキガや脇の匂いが気になる方にオススメで、男性用と女性用もあります。 90日間の完全返金保証と7大特典に加え、アットコスメ口コミランキグで1位をとった人気商品。わきが・汗臭の原因菌を根元から予防する有効成分イソプロピルメチルフェノールが、ワキガの匂いを抑えます。

    公式サイトはこちら

  3. ノアンデ

    臭いの原因菌100%の殺菌力!汗には24時間対応という脅威の持続力

    満足度4.0
    信頼度4.0
    お手軽度4.0
    保証初回120日間全額返金保証
    定期購入価格:
    4,960(税別)
    定価:
    8,600円(税別)
    ここに注目

    「わきが」「汗を抑える・整える」2大有効成分と独自のトリプル製法でつくられた新発想のNOANDE(ノアンデ)<医薬部外品>オールインワンタイプのクリームです

    公式サイトはこちら

その他のわきがに効く薬

【わきが薬に頼らない】家庭でできるわきが対策

汗とニオイのやっかいなところは「自分の意志でコントロールできない」というところでしょう。これが咳やくしゃみでしたら、ある程度ガマンすることもできるでしょうし、抑えることもできるでしょう。

ですが汗やニオイというものは、自分の意志で出したり止めたりできるものではありません。

そのためワキガ・多汗症体質の方にとっては、人前に出るたびに心配が絶えない、ということになってしまいます。

悪いことに、汗は精神的に緊張するとますます出やすくなります。ですから「汗が出るとイヤだな」などと思っていると神経が張りつめ、その緊張状態からますます汗をかいてしまう、ということになりがちなのです。

それだけに対策はやっかいですが、そこであきらめてしまっては何も解決しません。
トラブルの原因が判れば、解決へのスタートラインに立ったも同然。あなたの悩みを解消する方法を、考えてみましよう。

  • 香水で体臭を隠す
  • 食事療法で体臭を軽減する
  • ★わきが専用の薬を使う
  • 各種の制汗剤を使用する
  • ストレスを溜めず、箱神的発汗を抑える

ワキガ・多汗症への対策として考えられるのは、だいたいこれくらいでしょうか。その多くは、すぐにでも実践できるものですが、どれほどの効果が望めるかはそれぞれに違います。

最初の香水を使う方法は、「ニオイでニオイを隠す」という考え方で、ニオイ対策としては極めて原始的なものです。次の食事療法は体質を改善することで、体から発するニオイそのものを抑え込もうとするものです。

体質改善には長い時間がかかりますが、「付のニオイをきつくするようなものを食べない」というだけで、それなりの効果は上げられます。

また、ワキを清潔にし、制汗剤で汗を抑えれば、ニオイを抑えることもできるはずです。

さらに日常的なストレスを管理してのびのびと毎日を過ごし、発汗を抑える方法もあれば、外科的な手法によって汗腺類を除去してしまう、という方法もあります。

さまざまな対策が考えられるワキガ・多汗症への対処法。そのひとつひとつを検証してみましょう。

ワキガの臭いを抑える・消すなど対処法の効果は?

香水で体臭を消す

より強いニオイで、ニオイを覆い隠してしまう。体臭に対しては、最も原始的な方法です。

体のニオイを香水のような別のニオイで、隠してしまうという発想は、もともとフランスの貴族文化の中で生まれてきたものでした。

贅沢を極めた当時の貴族文化ですが、彼らはきらびやかな衣装で着飾りながら、めったに入浴もせず、髪も洗わなかったといいます。

当然、体のニオイは強くなりますが、それを隠すために香水が用いられ、さまざまな香りで自分を演出する技術を高めていったといわれます。

洗練された香水文化も、その始まりはとても実用的な要求から生まれたものだったのです。

確かに軽度の体臭ならば、香水を使ってカバーすることはできます。

香水は日常的に使っていると体臭となじみ、その人特有のニオイヘと変わっていきます。

ですからあなた自身の体のニオイにマッチした香水を選べば、体臭を魅力的な香りへと変ぼうさせることもできます。

ですが強いニオイを消そうとして香水を大量に使うと、まったくの逆効果になってしまいます。

香水のニオイが強すぎて、まるで香水ピンが歩いているようなことにもなりかねません。

しかもワキガのような強烈なニオイに強い香水を使うと、その相乗効果によって耐え難い悪臭になることが多いのです。

それでいて本人はまったくそれに気づいていないという、非常に困った状態になりがちです。

軽度のニオイなら、香水はあなたの魅力を高める魔法の水になってくれるでしょう。

ですが強いニオイを無理に香水で消そうとすると、せっかくの体臭対策も逆効果となってしまいます。

食事療法で体臭を軽減する

食事は生きていく上で欠かせないものですし、私たちの健康にも大きな影響を与えます。食習慣の偏りが多くの病気の要因になることはご存じでしょう。

また病気とはいえないまでも、何を食べたかによって体調が変化し、体質が変わっていくことは珍しくありません。ワキガも同様です。

ワキガは体質による症状ですが、毎日の食事によって症状が強まったり弱まったりすることが知られています。

詳しく言えば、動物性脂肪とそこに含まれる飽和脂肪酸がワキガ臭の原因となるのです。

肉食中心の欧米人にワキガが多く、菜食中心だった日本人にワキガが少ないというのは、こうした理由によるものです。

ですからワキガ体質を改善したければ、何よりも日常の食生活を改善することが肝心です。

肉類や油っこいものはできるだけ避けて、穀物と魚介類中心の食事にします。

欧米型の食事から、菜食中心の日本の伝統的な食事にする、というのが理想です。

またファーストフードやコンビニなどの加工食品や冷凍食品などは、飽和脂肪酸を多く含む傾向があるようです。

こうした出来合いのお総菜を長期間にわたって摂り続けていると、ワキガ体質を助長させることにつながってしまいます。

体のニオイをきつくする食品を避ける、というのも賢い方法です。

生のニンニク、ニラやパセリなど、ニオィの強い野菜類は、汗のニオイをきつくするので要注意です。

これらの食品を控えれば、ある程度ニオイを抑えることができるでしょう。

ただ、どんなに厳密な食事制限をしたとしても、必ずしもワキガが治るとは限りません。

もともと食事療法は「体質改善」的な意味合いが強く、即効性が期待できるものではありません。

実践してすぐに効果が表れるというものではないのです。

長期にわたって根気よく続けることが大切ですし、それでいて必ず治るという保証はありません。

ワキガ体質は遺伝的な要素が非常に大きいものですし、子どもの頃からファーストフードに慣れ親しんで育ってしまうと、成長してから食事制限をしても、もう手遅れというケースもあります。

さらに肉や乳製品・卵などは、人間の体にとって大切な栄養源でもあります。

とりわけ、人間の体が基本的に完成する思春期に、偏った食事制限をするのも好ましくありません。

生物にとって、毎日の食事は欠かせないものであると同時に、健康や体調を左右する大きな要素です。

私たち人間にとっても、それは変わることはありません。食べるもののバランスひとつで体調や体質も変わっていきます。

ですから毎日の食事に気をつけて、今以上にニオイを強くしないよう、食べるものを選ぶのは大切なことです。

ですがそれはあくまでも対症療法的なもの・食事療法といえどもワキガの予防・改善には万能の手段ではない、ということは覚えておいたほうが良いでしょう。

ワキ脱毛で脇の臭い(ワキガ)を消す

医療機関ではないエステで、そこまでの「治療」をすることができないのは明らかです。

エステでのワキガ治療というのは、おそらく高周波を使用した永久脱毛法(電気凝固法)のことを言っているのでしょう。

この脱毛法は、高周波電流によって毛根を焼き固め、破壊してしまう方法です。

毛穴に細い針を差し込み通電すると、毛根が焼き切られてしまいます。この手法を応用して毛穴そのものをふさいでしまうというのが、この方法のあらましです。

しかし、この方法ではワキの毛を1本ずつ処理することになります。ワキの毛は片方で約8000本ありますから、両ワキを処理するには相当時間がかかります。

短くとも数ヶ月、時には一年近くかかることもあるそうですし、そうなれば施術料金も高額になるでしょう。

それだけの時間や費用をかけたとしても、この方法ではアポクリン汗腺そのものを処理することはできません。

そのため汗腺類は破壊された毛根以外の場所に開口し、再び汗を出すようになります。結果として、ワキガが再発してしまうのです。

以上のことを総合して考えると、エステで行うワキガ治療は、効果が期待できないということになります。

また、エステは医療機関ではありませんから、麻酔を使用することは許可されていません。トラブルが発生した場合でも、適切な医療処置を行うことができないのです。

薬用石けんでよく洗う

殺菌・除菌効果のある薬用石けんでワキをよく洗い、肌に住み着いている細菌類をやっつけてしまう方法です。
すでにお話ししたように、あの強いワキガ臭はアポクリン汗腺からの汗を細菌が分解することで発生します。

ということは、たとえ汗をかいても皮層表面の常在菌さえいなければニオイは発生しないのですから、ワキガ対策としては有効な方法です。
汗をキレイに洗い流した上に除菌もできますので、日常的にできるケア方法としては有効な対処法です。

まず、帰宅後や朝出かける前には必ずシャワーで入浴します。
除菌効果の高いワキガ専用の石鹸を使い、脇をしっかりと洗いましょう。ネットタオルなどでよく泡立ててから使うと洗浄力がアップします。

ワキがキレイになったら、制汗剤などを併用するとなお効果が期待できるでしょう。
このように、そこそこの効果を見込める方法ではありますが、効果の持続時間は数時間というところですので、春から秋までの汗ばむ季節では、一日に何度もシャワーを浴びなくてはなりません。

外出先でシャワーや入浴をするというのは難しいことでしょうし、お仕事をお持ちの方にとっては、あまり現実的ではないかもしれません。

臭いの原因の一つストレスを溜めない

他の多くの病気と同じく、ワキガ・多汗症もストレスと密接な関係があります。ストレスによって汗腺類の働きが活発化することがあるからです。

「手に汗を握る」「冷や汗をかく」といった言葉が示すように、私たちは精神的に緊張すると汗をかきます。
これを精神的発汗といいますが、心身にストレスがかかった状態でも、この精神的発汗が起こりやすくなります。

ですから精神的発汗を防ぎ、ワキガのニオイを抑えるには、上手なストレス解消をはかることが大事です。
一日一度は心身ともにリラックスできる時間を設けること、そして食生活や睡眠時間など、毎日を規則正しく過ごすように心がけること。
また、その日のことはその日のうちに解決し、いつまでもくよくよしないことが自律神経の働きを助け、ストレス解消に役立ちます。

中でも大切なのは、日常の喧騒を忘れる時間を持つことです。気心が知れた友人と楽しくお酒を飲んだり、スポーツで思いっきり汗を流すのもいいでしょう。
お酒やスポーツが苦手な人は、何か別の趣味や、自分の好きなことでストレスを発散するべきです。

現代は多くの人々がストレスを抱え、ストレスとともに暮らしています。
そんな中で健康に生きていくためには、ストレスとうまくつき合い、解消していく工夫も必要でしょう。

ワキガもストレスと深い関わりがあります。気になる人は、自分に合ったストレス解消法を見つけ、実践するようにしましよう。

重度のわきがになってしまったら

自分がわきがになってしまった、また、もしかするとわきがかもしれない・・・と思った場合、皆さんはどのようにその臭いを抑えようと考えるでしょうか?現在はわきがに対する研究が進み、様々な方法でその臭いを軽減することができます。

それぞれの症状の強さや生活スタイルによって適切な対処方法は異なりますので自身に合った効果的なわきが対策を見つけ、そして実践していきましょう。

清潔さが大事

まず、症状の重さに関わらずみなさんに気をつけていただきたいのは衣服と身体の清潔さを保つことです。

これは単なる体臭が気になる方にも言えることではあります。

特にわきが体質であり強い臭いを発してしまうという方は、意識して取り組むことが必要です。

わきがの原因は汗・皮脂・常在菌によると言われています。

同じ衣服を長時間着ることによって、脇部分に臭いの原因物質が多量に付着した状態を作り出してしまいます。

臭いの軽減のためにはこまめに衣服を取り替えるようにしましょう。

また、衣服の材質も臭いに関係しています。

ポリエステルなどの化学繊維でできた衣類は、汗を吸収しにくく臭いがこもって残りやすいと言われています。

そのため、わきが体質の方は天然素材でできた綿や麻の衣服のほうが適しています。

身体の清潔を保つということは、毎日しっかりとシャワーを浴びることです。

具合が悪くて何日か入浴できない日が続いてしまうと、誰もが身体の臭いが気になってしまうものです。

わきが体質の方だとその強い臭いがさらに日々積み重なってしまうことになりますので、体調の良いときはできる限り入浴をするように心がけましょう。

しかし、臭いを気にしすぎるあまり1日に何度も入浴をすることや、ゴシゴシと強く洗いすぎてしまうことはかえってわきがの臭いを悪化させてしまうことがありますので気をつけなければなりません。

洗いすぎによって皮膚の乾燥を起こしてしまうと、乾燥を改善しようとして皮脂が分泌されます。

これによって過剰に分泌された皮脂はわきがの原因である常在菌のエサとなってしまうのです。

手術

気になる臭いを確実になくしたい、また臭いの症状が強くデオドラント商品を使用しても効果が得られなかったという方におすすめしたいのが外科手術です。

手術の方法は様々ですが、一般的によく行われているのは脇の皮膚を数cm切開し、皮膚を裏返したところにあるアポクリン汗腺というわきがの原因組織を直接取り除く「剪除方」という手術です。

これは多くのクリニックで保険を適用して受けられ、その費用も4万円程度であることから一番メジャーな手術方法だと言われています。

医師が直接目で見て確認をしながら手術を行うため、アポクリン汗腺の取り残しによる再発も少ないのがメリットです。

日帰り短時間で済む手術ですが、皮膚の切開を行うため術後の痛みが発生してしまいますし、運動の制限がかかってしまうのがデメリットです。

切開をしたくないという方は、切らない手術法もいくつかありますので対応しているクリニックで相談をしてみるとよいでしょう。

しかし、剪除法以外の手術に保険は適用しないというクリニックがほとんどですので、費用が数十万円ととても高額になってしまいます。