ワキガにしる多汗症にしろ、その原因となっているのは皮層から分泌される汗です。そしてこの汗を分泌しているのが皮層の表
面にある「汗腺類」という小さな器官なのですが、この汗腺類には「工クリン汗腺」と「アポクリン汗腺」というふたつの種類があり、それぞれに役割も違います。

エクリン汗腺は皮層の表面に広範囲に開口していて、手のひらと足の裏にいちばん多く存在します。ここから出る汗は99%が水分で、ほとんどニオイがありません。暑いときに分泌して水分を蒸発させ、体温を保つのがこの汗の役割です。手のひらと足の裏に多いことから、太古の昔には「滑り止め」としての役割も果たしていたのかもしれません。

このエクリン汗腺からの汗が通常よりも多量に分泌される症状が、いわゆる多汗症です。

一方、ワキガの原因とされているのはアポクリン汗腺です。これはワキの下・陰部・乳首の周囲・へその周囲・耳の穴の中にだけあって、ワキの下にもっとも多く存在し、思春期のころから働きが活発になります。この汗腺は毛根に合流していて、毛穴が汗の出口になっています。

アポクリン汗腺から出る汗には脂肪分やタンパク質などの有梯物が多く含まれ、これが皮層に存在する細菌によって分解され壱と、あの強いワキガ臭が発生するのです。

アポクリン汗腺の役割は、実はあまりよく判っていません。
エクリン汗腺には「汗を出して体温を調節する」という大切な仕事があるのですが、アポクリン汗腺にはそうした重要な働きが見当たらないのです。

ですが分布している場所が限られていることや、性的に興奮すると活動が活発になることなどから、性的アピールを司る「フエロモン器官」の名残りだと考えられています。

このアポクリン汗腺がどれくらいの数で、どの程度の範囲に分布しているか。そしてどれほど活発に活動しているか。これらの要素によって、ワキガ体質かそうでないかが決まることになります。アポクリン汗腺が広い範囲に、数も多く分布していれば、それだけニオイの発生する確率も高まりますし、たとえ数は少なくても盛んに活動していれば、やはりワキガの発生する可能性は高まります。

また、アポクリン汗腺から分泌される汗・・・…「アポクリン汗」には、蛍光物質や色素が含まれているため、乾いたあとがニカワ状になり、シャツの黄バミの原因になってしまいます。これもワキガ体質の方にとっては大きな悩みのタネでしょう。

さて、アポクリン汗腺と並んでもうひとつ、ワキガ臭発生のカギを握っているのが「皮脂腺」と呼ばれる組織です。皮脂腺は毛根を包んでいる毛包の部分にあって、アポクリン汗腺と同じように毛穴に開口しています。

皮脂腺はその名の通り脂肪分を多く含んだ分泌物を出します。これには皮層や髪の毛に潤いを与える効果がありますから、皮層の健康のためにはなくてはならないものです。

ですがその脂肪分を食料として皮層の細菌が繁殖し、それがアポクリン汗を分解してワキガ臭の元になるのです。
アポクリン汗腺をはじめとするこれら汗腺類が、ニオイや汗の発生源です。そして汗腺類が数多く分布し、しかも活発に活動している状態が「ワキガ・多汗症」だというわけです。

ですからワキガ・多汗症を解決するには、これら汗腺類の活動を抑えるか、あるいは取り除くかしなければならない、ということになります。