「ワキガって、遺伝するものなんでしょうか?」こうしたご質問を、カウンセリングで受けることがあります。

ワキガが起こるかどうかは、アポクリン汗腺がどれほど発達しているか、またどれほど活発に働いているかで決まります。そしてこれらの要素は遺伝によって左右されやすいものなのです。

先ほどちょっと触れましたが、両親のうちいずれかにその体質があると約50%、両親ともにワキガ体質である場合は80%と、かなり高い確率で子供に遺伝するとされています。ですから、自分がワキガかどうか判断するとき、両親がワキガ体質であるかどうかは重要なチェックポイントになります。

お子さんを持つ方は、その点に注意しておいたほうが良いでしょう。両親が知らないうちに、お子さんがワキガで人知れず悩んでいるかもしれないからです。

ご両親のどちらか、あるいは二人ともワキガ体質なのであれば、お子さんの耳アカを調べてみると良いでしょう。耳の中のアポクリン汗腺は子供の頃からすでに発達していますから、耳アカがねっ
とりと湿っているようならワキガ体質が疑われます。

ただ、たとえワキガ体質が遺伝していても、必ずしも強いニオイを発するとは限りません。ワキガの原因は遺伝以外にも数多くあるからです。

のちほど詳しくお話ししますが、ワキガ・多汗症の原因には日頃の食生活やストレスなどが大きく関わっています。ですから遺伝的な要素があっても発症しないこともありますし、思春期になっ
て急にニオイが気になり出す、というケースもあります。ですから両親がワキガ体質であっても、「自分もワキガだ」と短絡的に考えるべきではありません。もしかしたら違うかもしれませんし、そうであったとしても症状は人それぞれに差があります。

治療が必要になるほどの重症かもしれませんし、逆に日常的なケアだけで対処できるレベルかもしれません。実際に発症してみないと判らない、というのが実際なのです。

いずれにせよ、気になるようであれば一度専門の医師に相談してみると良いでしょう。汗の量とニオイについては、医師は明確な判断基準を持っています。あなたの症状がどの程度のものなの
か、治療が必要なのかどうかをハッキリさせてくれるはずです。

ちなみに、遺伝とは別にワキガが「伝染する」と考えている方が今もおられるようです。

確かに夫婦や恋人同士の間では、お互いの体のニオイが移るということはあるかもしれません。ですがワキガ・多汗症は体質による症状で、風邪やインフルエンザのような感染症とは違います。
ワキガ・多汗症が伝染するということはありませんので、誤解のないようにお願いします。